肝腎の病気の予防方法

自分でも気づかないうちに、私達は肝腎を酷使しているため、肝腎病を引き起こさないようにするためにも普段から予防しておくことが重要になります。
そこで、ここでは肝腎病の予防方法について詳しくご紹介いたします。

肝腎病の予防方法

■ バランスの良い食事をとる
ごはん、パン、麺類といった炭水化物は、腹8分目を心掛け、食べ過ぎや糖質の取り過ぎに注意しましょう。揚げ物などの脂っこい食べ物はなるべく控えておきたいですね。
また、添加物を多く含む加工食品はなるべく避け、自然なものを食べるよう心がけ、栄養バランスの整った食事をよく噛んで食べるようにしましょう。

■ お酒を控える
肝腎はアルコールを分解する解毒作用がありますが、分解できる量には限界があり、過度に摂取し続けていると肝細胞が破壊してしまうため、お酒はなるべく控えましょう。
また、日本人は欧米人に比べて肝腎が小さく、肝機能障害を起こしやすい体質をしています。
度数の強いお酒は肝腎への負担が大きいため、お酒はできるだけ控えるようにしてくださいね。
週に最低1~2日の休肝日を設けるようにしましょう。

■ タバコを控える
タバコは、血液中の一酸化炭素を増加させて、酸素の運搬の邪魔をします。その結果、十分な酸素が肝腎に行き渡らなくなり、肝機能が低下してしまうのです。
タバコは健康に良くないので、健康を第一に考えるのなら禁煙しましょう。

■ 規則正しい生活を送る
横になって眠ることは血流量を増やし、肝腎に栄養や酸素を補給して、肝機能を高める効果があります。
夜型の生活は、自律神経のバランスが崩れて肝蔵に負担をかけてしまうので、規則正しい生活を送るよう心がけましょう。

■ 肥満を解消する
肝腎には脂肪を蓄え必要な時は送り出すという働きをしていますが、高カロリーや高脂質な食事を続けていると肝腎に脂肪が溜まっていく状態になり、「脂肪肝」と呼ばれる状態になってしまいます。
高カロリー、高脂質な食事を止めてビタミンやミネラルをバランス良く摂取し、運動を習慣にして肥満を解消しましょう。

■ 便秘を解消する
便を排出することができずにお腹の中に溜まってしまい、悪玉菌が多くなって腸内細菌のバランスが崩れてしまった状態が「便秘」です。悪玉菌によって腸内で毒素が大量に発生するので、肝腎はたくさんの悪玉菌を解毒しなければいけません。乳酸菌やビフィズス菌を多く含む飲料を積極的に摂取して、腸内の善玉菌を増やして毒素の発生を抑えましょう。

■ 運動をする
運動不足による過剰な栄養の蓄積は、肝腎に負担をかけてしまいます。
また、運動不足で筋肉を動かさないと体内の血液の循環が悪くなり、血液が汚くなってしまうので、解毒する肝腎に負担がかかってしまうことに…。適度な運動を行うことで、筋肉や脂肪の代謝を改善し血流がスムーズになり、肝腎の負担を減らすことが可能になります。

肝腎は「沈黙の臓器」と呼ばれるように、自覚症状がほぼないため、自分で気づくことが難しいです。
リスクを最小限にするために、予防できることは取り組んでおきましょう。

トップへ戻る
Copyrights © 肝腎サプリNo.1ランキング All Rhights Reserved.